• Oracle
  • rune Oracle
  • rune Mean

Yes No

「ルーン」はもともと、厳しい自然とともに暮らす北欧の人々が、神々と交信するために生み出した文字だと考えられてきました。自然を操っている神々と、少しでも通信する手段を持ち、危険を回避したいと考えていたようです。基本的には、普通の記録用文字として用いられてきましたが、一部では魔術にも利用されていました。この「ルーン」という言葉自体、「秘密の」「ささやく」といった意味をもちます。

もっとも一般的なルーン文字として普及しているのが「エルダー・フサルク」と呼ばれる24文字の体系(空白のウィルドを加えて25文字)。「フサルク」とは、ルーン文字の最初の三つ、「フェオ」「ウル」「ソーン」をつなげた言葉です。

文字の一つひとつには、発音のほかにアルファベット、色、ハーブ、惑星、各ルーンを「守護ルーン(自分の誕生日に対応するルーンのこと)」にもつ人の基本性質などがあり、それをもとに様々な占い的解釈をすることができます。


center