七夕の奇跡 星に願いを

「伝統的七夕」を知っていますか?太陰太陽暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼びます。もともと七夕の行事は、7月7日といっても現在使われている暦ではなく、旧暦の7月7日に行われていました。

2015年の伝統的七夕の日は8月20日です。
ぜひ夜空を見上げてみてください。

七夕は星を想う日です。牽牛と織女は、わし座のアルタイルと、こと座のヴェガ。1年に1度、雨が降らなければ、天の川を渡って2人は出会うという伝説が知られていますね。もちろん、この2つの星は星座としての位置を変えない「恒星」ですから、実際に天の川を渡ることはありません。

それでも、ひときわ明るく輝くこれらの星に、恋人たちの姿を重ね合わせる昔の人のイマジネーションには、気持ちを動かされます。

星への想い、大事にしてみませんか?