リュウジアカデミー

大アルカナ

心の中のダークサイド、「悪魔」

ルネサンスのころに作られたタロットでは、なぜか「悪魔」のカードは現存していません。
タロットのなかにはもともと存在しなかったのか、あるいは散逸したのか、その謎はいまだに解かれてはいないのです。




けれど、現代のタロットのなかではこの「悪魔」のカードの存在感が、かえってタロットをミステリアスにして魅力的にしているというのも事実です。

「悪魔」は、人間のなかに存在する欲望や誘惑、本能的な力を象徴しています。
このカードが出たときには自分の心のなかのダークサイドを見つめ直してみることが必要でしょう。