リュウジアカデミー

大アルカナ

欲望をコントロールする力、「節制」

タロットの大アルカナ14番目のカードは、「節制」です。
カードには天使が杯から杯へと水を移し変えている様子が描かれています。




この構図は正義、力、忍耐と並んで、ヨーロッパでは4つの「枢要徳」と言われているものです。
これは、自分の欲望をコントロールすることができる力を表していました。

なかには松明の火を水で消しているといった構図のものもあります。
これは情欲の炎を消すという意味があります。

現代のタロットの解釈では、水をゆったりと移し変えていることから、何か気持ちが通じ始めていることを象徴していると解釈されることが多いようです。
このカードが出たら何かが動き始めています。