リュウジアカデミー

大アルカナ

何者でもないもの、「愚者」

0番のナンバーがふられたのが「愚者」、セットによってはナンバーがふられていないものもあります。

愚者とは、まだ「何者でもないもの」を表しています。
あるいは、この社会の枠組みに収まらないトリックスターの様な存在です。




このカードの面白さは、何者でもない自由な存在であるからこそ、既成の権力や権威をものともせず、自由に発言が出来る…というところにあります。
「王様は裸だ」と叫ぶことが出来たのは、自由な子供だけだった…という様な感じですね。

このカードは、「無限の可能性を秘めてはいるが、まだ何者にも成りきっていない存在」の様子を表しています。