リュウジアカデミー

タロットカードとは

心を映し出すツール、「タロットカード」

このサイトでも人気の「タロット占い」
でも、意外な事にタロットカードが占いに用いられるようになったのは、意外にも最近で、18世紀の末から19世紀にかけてだった、という事はご存知でしたか。

15世紀にイタリアで生まれたタロットは、最初はもっぱらゲーム、ギャンブルに用いられていたようです。
それが18世紀末から19世紀にかけて次第に神秘化され、20世紀後半には広く占いに使われるようになりました。

でも、「なーんだ」とがっかりする必要はないと僕は思っています。
歴史が浅いからといって、信頼できないとか、当たらないということではないのです。
タロットの絵柄は、心理学者ユングなら「アーキタイプ(元型)」と呼ぶであろう、人間の内面を映し出すイメージを多く含んでいます。
これは多くの心理学者も認めていることです。

タロットのモチーフそのものは人の心の中にこそ、そのルーツがあるのです。
タロットはそれ自体が、非常に面白いツールです。
その面白さを様々なかたちでお話していきたいと思っています。