リュウジアカデミー

スーパームーン

3回続く、スーパームーン

みなさん、星占いファンの方なら最近、「スーパームーン」という言葉をお聞きになりませんか?

日本では、ごく最近になって知られてきた用語ですが、もともと、アメリカの占星術家リチャード・ノルがいまから30年も前に打ち出した言葉。

ノルは、小天体のカイロンについての詳細な解説書も出したりした、斬新な占星術家として知られています。

ノルは、スーパームーンとは、新月か満月が月が地球に接近しているとき(近地点にあるとき)に起こると定義しています。

ぼくはさらに、近地点と月が180度になるときも、そこに加えようと思っています。

このときは、月のパワーが非常に大きくなり、気持ちが特に、ざわつきやすくなると考えています。

9月から10月は、スーパームーンが3回も続きます。

特にいま、天王星が牡羊座の幼い角度にいるので、権力の新旧交代、辞任、引退などが続きやすいとき。

色々な意味での「変化」がありそうなときですね。

9月27日(火)から28日(水)のスーパームーンは、人間関係を刷新するとき。

別離もありそうですが、新しい出会いにも期待できそうですね。

10月12日(水)の満月のスーパームーンは、強く自分を押し出せるとき。

特に普段、気の弱いあなたは強気になれるチャンスです。

ただ、冷静さを失うとモンスター化してしまうので注意しましょう。

10月26日(水)から27日(木)の蠍座でのスーパームーンは、自分の深い欲望に気がつくチャンスです。

誰かと深い関係になりたいあなたには、何か奇跡が起こる可能性があるときですよ。