リュウジアカデミー

応用編

【仕事】水星の状態

仕事についてみる上で、どうしても欠かせないのが、水星のサインとそのアスペクト、ハウスです。

水星は、一言でいえば「知性」の天体ですが、この水星の状態は、あなたが仕事をしていくうえで、あるいは、現代を生き抜いていく上での「関心のあり方」についての、大きなヒントをくれることになるからです。

人は何かに関心を持ちます。

「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、まさにこれは真実で、興味を持ったことに対しては、人はとことん、アプローチをしていくことになります。

そして、そこで才能を発揮するのです。

水星のサインは、あなたがどんなスタイルでその知的能力を発揮するか、水星のハウスはそのジャンルを示します。

たとえば、魚座で第8ハウスに水星がある人なら、深層心理やテレパシーのような世界に大きな才能を発揮することになるでしょう。

また、水瓶座で第3ハウスの水星なら、より合理的で知的な世界で才能を発揮することになるはず。

水星は、あなたが社会を渡っていく上での「スキル」を表わしているのです。