リュウジアカデミー

応用編

【仕事】MCと第6ハウスと第2ハウス

太陽に次いで重要なのは、MC(第10ハウスのカスプ)です。

これは象徴的にいえば、ホロスコープの「天頂」にあたる部分で、あなたが「人生において何を達成しようとしているのか」、ということが示されるのです。

たとえば、MC近くに火星があれば、あなたは戦いを通して人生で何かを達成していくでしょう。

木星が近ければ、誰かのサポートがあったり、あるいは人生のなかで「意味」を求めていったりするでしょう。

土星があれば、伝統と自分自身を結びつけることになるはずです。

また、MCの支配星や第10ハウスに入っている天体も、職業について重要なヒントを与えてくれるはず。

さらに、第6ハウスは「生活のためにしなければならない仕事」を示します。

また、第6ハウスの状況は、仕事や毎日の生活をするうえで重要な健康状態もつかさどります。

これをみることも重要なのです。

さらに、第2ハウスは金銭を表わしますが、心理占星術的にはあなたの「価値観」を示します。

何にたいしてお金を使うようになるか?どこにエネルギーを使う価値があると思うか?を、示すものです。

この3つのハウスのバランスをみることで、ずいぶんと仕事についての理解が深まるでしょう。