リュウジアカデミー

応用編

【仕事】太陽でみる仕事運

占星術のなかでは、太陽は実に重要なものです。

それは、いわゆる「誕生星座」を決定するものであるということ以上に、太陽の「シンボリズムの豊かさ」にあります。

太陽は神話的にいえば、「英雄」の元型です。

それは、自分の人生を自分の力で切り開いていこうとする力を表わしているのです。

太陽のサイン(星座)では、「どんなスタイルで自分の人生を切り開いていくか」が示されます。

また、太陽があるハウスは、「自分の人生を切り開く上でのジャンルや方向性」を示すのです。

たとえば、牡羊座の太陽で第9ハウスの人であれば、果敢に、海外や異文化、まだ未知の世界で人生を切り開いていこうとするでしょう。

正義感にあふれる法律家や海外で市場を開拓するような商社マン、といったイメージです。

同じ牡羊座でも、第12ハウスの太陽なら(但し、アセンダントに近くない限り)、もっと奉仕にかかわるような仕事などを選ぶようになるかもしれません。

このように、太陽のサインとハウス、アスペクトなどは、金銭に直結せずとも、仕事に対する、あなたの「冒険のありよう」を示しているのです。