リュウジアカデミー

応用編

【仕事】仕事運をみる上で、特に注目すべきポイント

恋や結婚と並んで最も重要な人生の要素といえば、「仕事」でしょう。

どんな仕事を選ぶのか?

どんな仕事について、どんな成果を得ることができるのか?

人生そのものがかかっていますから、本当に大事なことですよね。

もちろん、個人の人生は自分で作り上げていくわけですから、「星まかせ」ではいけないのはもちろんです。

ただし、砂漠を旅するキャラバンが星を頼りに方角を探したように、ホロスコープは、自分の人生を見直すための、有力な手がかりになるのは確かです。

さて、占星術では伝統的に、仕事の運をみるのに重要なポイントは、いくつもあるとされています。

まずは「仕事の三角形」をみてみます。

「転職や人生での到達点」を示すMC(天頂)から引き続く第10ハウス、「義務としての仕事」を示す第6ハウス、「金銭の状態」を示す第2ハウス。

そして、これら3つのハウスのルーラー(支配星)が、どんなアスペクトをとっているのかが重要です。
また、太陽はなんといっても「自己実現」に人を向かわせる原動力ですから、太陽がどのサインにあってどのハウス、どんなアスペクトをとっているのかも、重要なカギとなります。

さらに、水星は「才能」や「知的能力」を示すユニバーサルなシンボルでもあるので、この水星の状態も、仕事の傾向をみるためには重要なのです。

占星術では、大きな成果が出る仕事、天職、やりがいのある仕事、さらには義務的にしなければならない仕事などを、分けて考えていることが特徴です。

しかも、単に「仕事」だけを人生から切り分けてみることはできないのです。

たとえば、プライベートな生活(月や第4ハウス)とのバランスや、パートナーとの関係などをじっくりと考えていくことが必要なのです。

こうしたことを総合的にみていくことで、ホロスコープのなかでの仕事運をみていくことができるのです。