リュウジアカデミー

応用編

【恋愛】第5ハウスと第7ハウス

恋を考える上で重要なのが、「第5ハウス」と「第7ハウス」です。

まず、第5ハウスは現代占星術では、「恋愛」を象徴しているとされていました。

古い占星術では、このハウスがセックスを象徴しているとされています。

つまり、恋の喜びを実感できる場所だということになるのです。

第5ハウスに金星や木星といったラッキースターが入っていたり、あるいはそのルーラーが良い位置にあったりすると、あなたはスムーズに恋の状態に入っていくことができるようになるでしょう。

一方で、第5ハウスの土星は、あなたが恋に対して何かぎこちなさや不器用さを感じてしまいがちなことを示します。

第5ハウスの天王星は、あなたの恋がなかなか安定しないものになってしまう可能性を示します。

さらに、第7ハウスは「パートナー」を表わします。

この配置は、あなたが向きあい、真の意味で出会う相手を示すようになるということなのです。

たとえば、第7ハウスのルーラーが太陽であれば、あなたは明るく公明正大な相手と結ばれるようになるでしょう。

また、それが火星なら男性的な相手と結びつくことになりそうです。