リュウジアカデミー

応用編

【恋愛】金星と火星

続いて、あなたの恋をみるためにもっとも重要な天体が、「金星」と「火星」です。

金星は英語では「ヴィーナス」。
そのまま、まさに恋の星なのです。

これはプラトンが「エロス」と呼んだような、美しいものに惹かれ、恋焦がれる気持ちを引き起こすのです。

古いタイプの占星術の本では、女性の金星は愛のスタイルを、男性の金星は好きになる相手のタイプを示しているといわれていましたが、現在ではより一般的に、金星は「相手に惹かれ、相手を受け入れる力」を示すということになっています。

さらに、火星はどうでしょう。

火星は戦いの神「マルス」であり、しっかりとした自分の気持ちを相手にぶつけていくことができる力を表わしています。

また、性衝動も表わしているのが火星です。

火星は「相手を征服しようという気持ち」を表わしているのです。

金星や火星が強いホロスコープの持ち主の人は、魅力にあふれ、異性を惹き付けることができる人。

一方で、金星や火星が傷付いていると、恋をするために障害があったり、あるいは自分の気持ちをうまく表現できないことがあったりするかもしれません。

しかし、そのことがあなたを深い愛に導いていくことになるでしょう。