リュウジアカデミー

アングル

それぞれの角度の意味 (90度、120度、60度)

前回に続き、アスペクトの中で最も重要なアスペクトには「90度」、「120度」、「60度」もあります。

0度と180度を加えて、現代占星術ではこの5種類のアスペクトを「メジャーアスペクト」と呼んでいます。(ときには、ここに150度を加えてメジャーと呼ぶこともあります)

90度の角度は「スクエア」と呼んでいます。
これは180度の半分の角度であり、360度のホロスコープを4つに分割したときに現れる角度でもあります。

これは大きな緊張と、何か乗り越えるべき試練があることを暗示している配置です。
しかし、このスクエアの試練をしっかりと乗り越えることによって、大きな結果を出すことができるという暗示もあります。

これは、代表的なハードアスペクトであるとされています。

なお、0度、90度、180度は特にホロスコープの上で十字形の軸をつくる重要な角度なので、特に「アングル」と言うこともあります。
一方で、ソフトな影響をもたらす角度は120度、60度が代表的です。

120度は「トライン」と呼ばれています。
トライアングルの「トライン」です。

正三角形は美しい形で横から力を加えても崩れることがありませんから、最も調和的なものだとされています。

そこで120度の角度をつくる角度は、星と星との力を優しくブレンドさせて、幸運にスムーズに導いていくとされています。

ただ、同時に、これはあまりにもソフトなので、人を甘やかす、というか実感できる効果として感じられることは少ないかもしれません。

60度の角度はそのまた半分で、ソフトな効果を惑星に対して働かせます。