リュウジアカデミー

アングル

それぞれの角度の意味 (0度、180度)

アスペクトの中で最も重要なものは「0度」と「180度」でしょう。

伝統的な占星術では、0度はアスペクトとは言っていなかったのですが、現代の占星術ではアスペクトの理論を整理して、0度もアスペクトとして分類しています。

0度は「コンジャンクション(合)」と言います。
これは、地球から見て、二つの星が同じ方向に見える状態のことを表しています。
この「コンジャンクション」のときには、星の力が強力にブレンドされ、互いに強め合うのです。

たとえば、太陽と木星が「コンジャンクション」の状態にあれば、太陽(基本的な性質)に対して木星(拡大)が作用して、楽天的で未来に対してポジテイブな性質を作り出します。

その作用は、二つの星の性質によって大いに変わります。
月と木星の「コンジャンクション」は非常に明るい気分を意味しますが、月と土星となると、シリアスで、自分の感情を表面に表せないような状況となってしまうことが考えられるわけです。
ただ、「コンジャンクション」の場合においては、特別な解釈法があります。
それは、「コンバスト」と「カジミ」です。

太陽とあまりにも近くに天体があると、太陽の力でその星の力が「燃え尽きて」(コンバスト)してしまうとも言うのです。

また逆に「カジミ」においては、数分以内の正確な太陽との「コンジャンクション」は、惑星の力をかえって強めると言われています。
このあたりは意見の相違がありますね。

なお、太陽と月の「コンジャンクション」は新月です。

180度は「オポジション」といわれ、強い緊張をはらむ角度になります。
対立や緊張を表すものですが、同時に「何かとの出会い」を表すこともあります。

「オポジション」で向かい合った星は、互いを刺激し合い、闘争を導くこともあれば、出会いを導くこともありますが、そこには常に緊張をはらんでいます。

まるで、お互いをライバル視し合っている、仲の良い友達や恋人のようなものですね。