リュウジアカデミー

12ハウス

ハウスの解説 5ハウス~8ハウス

ホロスコープのなかの第5ハウスから第8ハウスまでの4つのハウスは、人生経験のなかで「他者との出会い」を表しているものだと言えるでしょう。

第5ハウスは、伝統的にはセックスと子供を表すとされていました。
それは喜びを誰かと共有することができるというエリアであり、自分を表現することの喜びを示しています。

次の第6ハウスは、「健康と仕事」の領域ですが、一言でいえば、自分が責任を持って管理すべき領域を示すということになります。
社会の中での自分の役割を認識する場ということですね。

そして第7ハウスは、西の地平線にあります。
これは自分が初めて、個人と個人として相手と出会うことができる領域です。
伝統的には、「結婚相手」と「公の敵」を暗示します。

さらに第8ハウスは、伝統的には死を象徴しますが、現代占星術では誰かと深く関わることができる領域だとされています。