リュウジアカデミー

12ハウス

西洋占星術におけるハウスとは…

ハウスとはサイン(星座)、惑星とならんでホロスコープを構成する主要な要素のひとつです。

地平線、子午線を基準に、360度のホロスコープを12に分割し、そのひとつひとつをハウスと言っています。
このハウスの位置は、地球の自転をもとにしていますから、数分単位で刻一刻と変化していきます。

ホロスコープのなかでも、もっともパーソナルな要素だと言えるでしょう。
ハウスの境界線は4分で一度ほど移動していきますから、出生時刻などはなるべく正確にしておくことが必要ですね。

なお、このハウスの計算方法は何十種類も提唱されていて、研究者でも一致はしていません。
ですが、このサイトでは英国でもっともポピュラーなもののひとつ「プラシダス」方式と呼ばれるものを採用しています。

12のハウスは、自分の肉体、金銭、結婚、というように、そのひとつひとつが人が人生で出会うさまざまなテーマを表しています。

具体的な事項を判断するにはこのハウスの要素がどうしても必要になります。