リュウジアカデミー

惑星

「土星」があなたに示すこと

土星は伝統的な占星術では、とても評判の悪い惑星です。
惑星のなかでもその位置が最も遠く、動きも緩慢、しかも暗い天体ということで、土星はマイナスの影響を与える「凶星」だとされてきました。

実際、中世までの占星術の本をみると、土星については死や貧困、病を表すなど、ロクな表現がないのが現状です。良い意味があったとしても、例外的という感じ。

ですが、土星はルネサンスの時代にその解釈を大きく変化させられました。メディチ家に仕えた学者フィチーノらが、土星は哲学者の星だと解釈したのです。

また現代の心理占星術において、土星は乗り越えるべき自分自身の心の影を表すものだとも解釈されています。
その心の「影」こそ、成長の大きな糧だというのです。

人生、明るいことばかりではないというのが現実。
その事実をいかに受け入れるのか、そのための知恵を与えてくれるのが土星
だと言えるでしょう。