リュウジアカデミー

惑星

【星占い基礎知識】サイクルの哲学~星めぐるとき、人は運命を転ずる

【星占い基礎知識】



占星術はある意味、「サイクルの哲学」です。

すべてには周期がある、それは自然界の中でもっとも規則的で美しい天体のサイクルによって映し出される、という思想なのです。

(ただしこの世界の偶有性は占星術では別に担保されます)

だから、惑星のサイクルが重要になります。

たとえば月の公転周期はおよそ28日。
偶然ではありますが、これが女性のサイクルや、ある種の鳥の卵の孵化期間(半分の二週間などもある)などとも合致しているのはよく知られています。

木星のサイクルはおおよそ12年で、東洋の干支(えと)とも似ていますね。

惑星サイクルの中でも重要なのは土星(サターン)。

土星は“現実”を表す星。

その周期はおよそ29年です。

つまり誰でも29歳の前後には土星が生まれたところの位置に戻ってくる。

これを「サターンリターン」と呼び、現代の占星術では本当の意味での成人式のようなものだと考えています。

論語でいう「三十にして立つ」ではありませんが、29歳前後、サターンリターン(土星回帰)の頃には大なり小なり人はある種、現実の壁に向き合い、大人の階段を上ることに。

焦ったり迷ったりもあるけど、ここで基盤を作れると、それから大きく活躍することもできるという…。

つまりは、人生の節目。

惑星は一周だけがキーになるのではなく、半周とか1/4周のときもギアチェンジのときになります。

土星だと半周は14、5才、あるいは40代前半。
14、5才は思春期真っ只中の嵐の時期。

過ぎちゃえばなんでもないのですが、大変な変容の時期ですよね。

42歳は「厄年」、心身変容の時です。

土星は7、8年ごとにもともとの位置に対して90度、つまり1/4周の位置を刺激していきます。

東洋医学では「女性は7、男性は8の倍数のときに心身の変化を迎える」

といいますが、まさにこれ。西洋占星術では土星のサイクルに合致するのです。
面白いですよね。

土星のサイクルは「サターン」なんて言葉の響きから怖いイメージを持つ人もいますが、けして恐るべきだけのものではないと思います。

時間の神クロノス(サターン)は有限な人生という時間と空間の枠組みの中で「さあ、何をどう選ぶ? どう大きな想いを カタチに落とし込む?」と聞いてくるのです。

だから、土星がめぐってきたときは運命にカタチを与えるチャンス。

型が決まれば、その後は少しラクになったなと感じられるかもしれません。。


このように、占星術のシンボリズムでは、分離-中間状態-再統合という通過儀礼は土星が象徴すると考えられますが、一方、既存のシステム自体を突破、刷新しちゃおうというのが天王星。

さらに、境界自体を溶解させちゃって、ふわっとどこかと同化するのが海王星。

冥王星は自分も環境も大きく変容させてゆく。

ちなみに40代前半から半ばにかけては保守と伝統、制限の土星の一周半、確信と突破の天王星の半周が

ほぼ同時にやってくるという、ザ・激動期なんですよね。
いわゆる「厄年」だけど、「もう人生半分だ~中年だ~」という焦りと「ここからジャンプしないでどうする」という気持ちが同時に渦巻くときといってもいい。

いろいろな気持ちがないまぜになり、もがいて悩んで、そうして自分なりの着地点を見つける。

それがサターンリターンの29歳だったり、40代前半から半ばの土星、天王星の節目だったりするんじゃないかな。

次は、そろそろ星座を移動する、木星の惑星サイクルについてお話しすることにしましょう。

お楽しみに!