リュウジアカデミー

エッセイ

【星占いロンドン旅④】緊張のお茶会!

ロンドン大学ウォーバーグ研究所での
できごとをもうひとつ。

現地でお茶を、という話になったところ、
研究所の中のカフェがもう閉まっていて。

あ、どうしよう……というとき、
チャールズ・バーネット教授がさらっとご自分の研究室から
台湾茶とポット、カップのセットをもってこられ、
手ずからお茶を入れてくださったんです!

このとき僕、内心、凍ってました……!

なぜかというと、
チャールズ・バーネット教授は

中世アラビア語などを含め、
たくさんの言語に通じておられる大学者。
占星術の歴史においても権威です。

僕からしたら、バーネット博士というのは
雲上人も同じ存在。

そんな方がお茶を入れてくださるなんて、
平常心ではいられないですよ……!

バーネット博士は実践者にも共感的で、
こんな論文集も編纂されています。


『From Masha’ Allah to Kepler: Theory and Practice in Medieval and Renaissance Astrology』

中身はもちろん、専門性の高いものですが一読の価値ありです。