リュウジアカデミー

サバト

Beltane(ベルテイン)



4月30日のベルテイン(Beltane)は魔女のカレンダーのなかでは、サーオィン(ハロウィン)と並んで重要な大サバトにあたります。

春分と夏至の中間地点に当たるこの時期は、魔女の大祭「ワルプルギスの夜」が行われていたとされています。これは、今のメイデイの起源になったとも言われ、ここから「光の季節」「夏」が始まるとされていました。

魔女や異教徒を自認しない人たちも、この季節だけは野に出て「メイポール」を立て、その周囲で踊りながら光の季節を祝うのだそう。

この時期はぜひ、自然のなかに出て美しい緑に触れてみて。これから戻ってくる光を迎え入れましょう。