リュウジアカデミー

エッセイ

ツアー後記『英国神秘のパワースポット巡礼の旅』

TSUTAYAさんの企画による『英国神秘のパワースポット巡礼の旅』も無事に終了。

あっという間の9日間でした。

ツアーは今回で3度目になるのですが、回を繰り返すごとにその内容、濃さもグレードアップしています!

今回は、昨年に企画したストンヘンジ、グラストンベリーというコースに加えて、イギリス南西部のコーンウォールを目指します。

イギリスの南西端、その名もランズエンド(土地の果て)に立ってみなさん、大感動。



イギリスを縦横に走るという不思議なエネルギーラインのなかでも、最強のものといわれるセントマイケルズ・ラインの起点でもあるセントマイケルズ・マウント探訪もハイライトの1つ。



この小さな島は、干潮時には歩いて渡れるけれど、満潮時にはボートでしか行き来ができないのです。

その昔、大天使ミカエルがこの島に現われたとされていることから、この名前が与えられました。

たまたま中を案内してくださった係の方が神秘好きで、おもむろにダウジングの道具を取り出し、そのなかのエネルギーを探査するデモンストレーションをやってくださったというのも、面白いエピソードでした。

一行は、またボスキャッスルへ。

実際に、現在でも魔術を行っているというご夫妻に案内していただき、おそらく世界で唯一の魔女博物館へ。



現代魔女運動の祖であるジェラルド・ガードナーのコレクションをもとに、実際の魔術や魔女術の道具を集めた博物館で、興味深いコレクションがずらり。

とくに、呪いのグッズのコーナーの前には、ピンをさされた人形など不気味なものがならんでいて、異様な雰囲気が立ち込めていました。

面白いのは、その向かいには、魔術を跳ね返す「防御」のグッズのコレクションがあって、ちょうどバランスをとるかのように配置されているということ。

魔女の呪いを閉じ込める「魔女の壺」など貴重なものもありました。

お話したいことはまだまだあるのですが、1回ではとても書ききれないので、続きはまた。

参加してくださった方、本当にありがとうございました。

今回チャンスを逃した方、次回はぜひ参加してみてください。

本当に充実した旅でした。

今回、この魔女博物館で手に入れた、かわいい魔女のキーホルダーをプレゼントします

みなさんぜひ、応募してくださいね!