リュウジアカデミー

エッセイ

ジョンとヨーコのLove and Peace

8/14(日)は、水瓶座の満月です。

水瓶座で起こる満月のイメージは「Love and Peace」。

そこで今回は、そこからすぐに連想されるジョン・レノンとオノ・ヨーコのホロスコープを見てみましょう。


オノ・ヨーコの太陽星座は水瓶座。

そして一方で、ジョンは月星座が水瓶座。

ある意味、2人とも時代を先取りして平和をメッセージするアクエリアンでした。

そして、興味深いのは、その2人の水瓶座の支配星である「天王星」です。

2人のチャートを重ねると、ジョンの天王星は、ヨーコの太陽と90度の角度を形成。

これは、お二人の相性で、天王星が確かにキーとなっていることを表わしています。

しかし天王星は、変革や進歩、変化を象徴する星。

今いる状況に対して、自分たちも周囲も驚くような、構造の破壊を毎度引き起こす天体です。

安定という名の鎖を引きちぎるような、鮮烈な力を表わしているのです。

これは「Love and Peace」という言葉からすぐに連想されるような、イージーな関係を示すものではありません。

ときに2人は熱い議論をし、個人としての激烈な衝突も辞さなかったのではないでしょうか?

そして、新しいインスピレーションを与え続けていったと感じられるのです

天王星は「神々から火を盗む」ような、新しい意識を表わしています。

「プレミアム会員コース」で展開している、コンポジット占法でみると、また印象的なパターンが。

太陽、カイロン、土星、火星、金星、冥王星で見事なカイトができあがるのです。

太陽と土星、火星のハードアングルは、それだけでは、いつでも関係を終焉に導くような鋭い緊張を示しますが、金星と土星、冥王星の正三角は、心底相手を信頼していくような、強い想いを象徴しているように見えます。

緊張と信頼の関わりが、2人を平和へのアクションへと導いていたのですね