リュウジアカデミー

惑星

それぞれの惑星の意味とパワー (水星、金星、火星)

ルミナリーズ(太陽と月)に加えて、「水星」「金星」「火星」の5つを占星術では「パーソナル・プラネット」と呼んでいます。

これらの惑星は比較的動きが早く、生れた日が違うとその位置も相当変わってきます。

だからこそ、個々人の運命を象徴している、というふうに考えられているのです。

一方で、次回講座でお話しするような大惑星は世代的な影響が強いとされています。

水星は、英語では「マーキュリー」といいます。

マーキュリーは「神々のメッセンジャー」。
知識と情報を集め、それをほかの人に伝える役割を持っています。

出生ホロスコープの中では、水星はその人の「知性のあり方や才能」、そして「その知性をどのようにして他の人に伝えていくのか」、そのスタイルを象徴していると考えられているのです。

ホロスコープの水星には、あなたが「どんなことに関心をもつのか?」、そのスタイルが現れます。
金星は英語では「ヴィーナス」といい、「愛の女神」を意味します。

金星にはあなたが「どんなふうに他の人とかかわるか」、あるいは「人をどんなふうに愛するか」、そのスタイルが表れてきます。

また「この人生の中でどんなふうに生活を楽しんでいくか?」、ということを表わすのです。

もし金星のイメージがあなたの人生から消えてしまったら、どんなに世界がつまらないものになってしまうことでしょうか。

火星は英語では「マーズ」、「戦いの神」を意味します。

人生の中には、どうしても自分で闘って獲得しなければならないものがあるものです。

そんなパワーをあなたの内から呼び覚ましてくれるのが、この火星なのです。
また、実際の行動やセックスの傾向なども、火星によってつかさどられているのです。