リュウジアカデミー

12星座

不動宮 [牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座]

占星術で使う12の星座は、何種類かのグループにわけることができ、さらにそのうちの代表的なものが「クオリティ」だということはお話しました。

今回は、そのクオリティのなかの「不動星座」(フィックスド)をとりあげましょう。

季節の盛りを表しているこれらの星座は、物事をキープしてゆく力、自分自身の力を発揮し続けてゆく力を象徴しています。
牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座がこの不動星座に分類され、頑固なまでに自分を守ってゆく力を象徴しています。

牡牛座は、自分が持っているものをしっかりと守る力を象徴しています。

獅子座は、自分自身を常に輝かせ、表現してゆこうとする力。

蠍座はどんなことに対しても、自分が興味を持ったことには徹底的に関わろうとする力。

そして水瓶座は、人類に普遍的な理想を求め続けようとする姿勢を守っていこうとしています。

これらの星座がこの世界の確固とした構造を作っているのです。
ユング心理学の用語では「内向タイプ」に相当します。